人気ブログランキング |

カテゴリ:チームラ関連( 6 )   

3週間の軌跡のあとの軌跡 【∞】   



GWが思ってたより忙しくて更新遅れたから一気に放出 Part 3



前回書いたように同時進行で遊んでるゲームの1つ

迷宮クロスブラッド インフィニティ

の状況なんかを(´ー`)



前にも書いたことがあるPSVitaのソフト 『デモンゲイズ』 や
PC & XBOX360 & PSP で発売されてる 『円卓の生徒』 と同じ
チームムラマサの作品で、もちろんPC版はやり込み済み(*'-')

最初に発売したPC版と違って、その後の追加要素等が入ってる上に
Vita版での追加要素もあって また違った感覚で遊べればいいなと('∇')


その追加要素の1つ、【超絶難易度∞(インフィニティ)モード】は
通常の6人PTから1人減って 5人PTで、EXPも少なめという
経験者向けの難易度で、もはや俺にはこれ以外の選択肢は無いっ(`Д´)

b0049961_611476.jpg




で、5人PTということで ブラッド(職業)の選択がより重要になるから

途中でキャップ時にサブの変更も視野に入れながら

拳法士/暗術士
王騎士/拳法士
武術士/王騎士
聖術士/学術士
魔術士/召術士


の5人でスタート(*'-')



THE・序盤の壁
b0049961_6252655.jpg




まだまだ今は中盤に差し掛かるちょっと手前程度だけど


拳は火力・命中共に安定してて問題なし 隠れれば更に火力↑

王はレベルフリーコードを持たせて堅めて両手武器で攻守トップクラス
定番のサブ拳でイージスの安定感も抜群。

武は集団戦の斬り込みで活躍。単体相手はイージス前提のプロヴィデンス。

聖はサブ学で盗賊兼任。いつもは学はメインで入れてたけど5人縛りもあって
初のサブ運用。宝箱の解錠の失敗が若干あるけどなんとか問題ない範囲。

魔は安定のサブ聖でも良かったけど 面白みが無いから(?)サブで召を。
中盤以降のボス戦では邪視(HP表示)は心強い。でも本領を発揮できるのは
サブの成長速度でスキルをほとんど覚えたあとだから それまでは…。



後半やその先のことを考えると調整は必要になってくるだろうけど
恒例のごとく全員のキャラ作るまでにかなり時間かかったから
悩むのは本当に詰まってしまった時にしよう(´ー`)





ふぅ…
b0049961_6232215.jpg






ありがとうございます!
b0049961_624731.jpg

by grenid | 2013-05-07 06:34 | チームラ関連

Students of Round 【4】   



久しぶりに 円卓の生徒 のお話。



前回(6月2日)にMASTERモードについて書いてから
少しづつ進めてはいたんだけど途中で白騎士が・・・・っ!





再開時の進行度はアーレンティールにてイーンシリンB2Fへ進んだ辺り。

この時点ではまだ引継ぎの恩恵が大きかったおかげか
雑魚の攻撃は1ダメージが多く、MASTERモードとはいえ
じっくり進めていけばなんてことはない!なんて思ってたけど…(*'-')

B4Fに入ると敵のグループによっては攻撃がきつくなってきて
前衛が倒されることも(´_`。) 幸いこのダンジョンは拠点との行き来が
楽だったから良かったけど、やはりダンジョン内でセーブ不可の
緊張感はなかなかのもの。この感覚、懐かしくてワクワクしちゃう!

ボスは運良く1回で撃破出来て、アーレンティールでの目的を果たして
エセルガルドへ。1周目ではかなり苦労した覚えがあるだけに不安が ε=(~Д~;)



進み方は覚えてて、スイスイ進められたけど逆にそれがアダになって
雑魚相手でも頻繁に誰か倒されたり最悪壊滅しかけたりと…ここにきて
難易度の高さを実感。1回目のカロン戦では3回全滅してしまい
トラップポイントである程度レベル上げつつ装備を整えてようやく撃破。
2戦目では先生が急所つかれて倒されてしまったりしたけどなんとか(*T-T)

そして問題はここエセルガルドで最後に待ち受けるドラゴンゾンビ戦。
とても今のままでは勝てる気がしないと思ったけどとりあえず挑戦!

ベールをはりつつディボーションでルーミ死守、エルサが集中&マジックバーストで
ダメージを与える魔法中心の戦法。…だったけど次々に倒されて生き残ったのは
先生とエルサのみ。最後のあがきでベール捨てて先生は通常攻撃、エルサは
バーストマジックで魔法放ったらまさかのギリギリ撃破 ∑(゜△゜;)



これでエセルガルドでの目的は果たして次の難関はロンドエールでのリッチ戦。
ここは何度も全滅させられたけど、すぐにやりなおせるので試行錯誤しながら
戦闘を繰り返す。ふと思い出したのがマニアクスパッチで実装された
アサシン系ユニオンスキルを敵が回避、防御しなくなる というもの。

もはやここまで力の差があると前衛の攻撃はほとんど当てられず
ヒット系魔法唱えても気休め程度の有様。マジックバースト戦法も
1ターン待たないといけないのでその間に壊滅的な攻撃食らうとお手上げ。
それなら多少リスクを負ってでもアサシン系で確実にダメージを与えたほうが
いいのではないだろうか?と試してみたらこれが的中(*'-')♪

リッチは仲間を呼ぶことが多くて普段は厄介だけど、呼んだ後リッチ自身は
後列に下がるので逆に敵の攻撃が緩むチャンス。後列にアサシンを連発して
それまでの苦戦が嘘だったかのように楽々撃破(*^-^*)





そして現在、次の目的はバール洞。

少し進んだけどもう雑魚戦でユニオンスキル全開じゃないときついし
あっという間に回復手段が尽きてこれまで以上の苦戦は必至(´_`。)



あと課題での聖剣入手を試みたけどオブリスさん強すぎ(*T-T)

どうあがいても勝てそうにないので後回し…。
ノーマルモードでは余裕だったのに!





さて…これから先どうなるやら!

by grenid | 2010-08-31 17:12 | チームラ関連

Students of Round 【3】   



少し前に開発のコメントで追加パッチ製作中というのを見て
wktkしてたら、昨日ついに マニアクスパッチ が実装!!



【公式より】
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

● ダンジョンRPGファンへの挑戦状『MASTERモード』を実装!

MASTERモードとは、その名の通りダンジョンRPGの達人向けの高難易度ゲームモード。
円卓の生徒をやり尽くしたプレイヤーの2周目プレイ(シナリオは最初から)を前提とした
新たなゲームモードです。

※難易度が高いモードなので、このゲームを初めてプレイする方は、
[初めから](タイトル画面)をお勧めします。



◎『MASTERモード』はここが面白い!

○驚きの難易度と緊張感で、痛気持ち良さがMAX!
・ダンジョン内でのセーブ機能がなくなる
セーブできるのは拠点のみ。直前からやり直しが利かないので、
常に緊張感を持続したプレイが楽しめます。

・出現する敵レベルが上昇
ザコ敵、ボス敵の強さが上昇。プレイヤーのレベルに合わせて敵も少しずつ強くなります。

・強敵ひしめく神ダンジョンが出現!
追加クエスト[神の座](ロンドエール取得後)によってダンジョンが追加。
ボスとの連続戦闘が楽しめるボーナスダンジョンに挑めます。

○お腹一杯にやり込める要素が満載!
・より深く長いアイテム収集が楽しめる
ドランカリバーン、神の翼など、40種以上の武具、計50種以上の新規アイテムを追加しました。

・キャラクターをさらに強くできる
特性値、武具強化、種別強化、全ての上限が99に。キャラクターを思う存分強化できます。

・まだ見ぬ追加イベントも発生
ソウルランク10を越え、各キャラクターと親密になるランクアップ面談を追加。
さらにMASTERモード限定のうれしいご褒美アイテムも……。

○1周目の成果が生かせる!
通常モード(1周目)での冒険は無駄にはならない。引継ぎ要素が2周目プレイヤーを助けます。
引き継ぐデータは以下。
・円卓辞典のデータ(アイテム、モンスター、地図、戦歴)
※クリア時間、一部地図情報は例外

・その他クエストのデータ(対モンスター強化値、各武具の強化値)
・所持金(道具袋、倉庫)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------



達人向けの高難易度 ∑(゜△゜;) しかも2周目前提!

通常モードの通常難易度でも決して簡単すぎるってわけでは
なかったんだけど ここまで銘打つってことは相当ヤバい予感!


引継ぎ要素的に、鍵を握るのは

『その他クエストのデータ(対モンスター強化値、各武具の強化値)』

これはモンスターを多く倒すほどその種族に対してダメージボーナスが付き
マニアクスパッチ以前は+9(9%増)が最大だったけど、キャップが外れて
+99(!)まで伸びる模様!本編クリアしてある程度やってればすでに
2周目開始時点で大体+9前後にはなってるだろうから、最初からこの恩恵が
あるのは大きいし、超難易度の強敵に向けてぜひとも活用したいところ。

さらに武具の強化値は不要になった装備を拠点の城に吸収させることによって
その種類の装備(剣を溶かせば剣の強化値)が上昇し、一定値まで到達すると
それ以降その種類の装備品の全てに+1~のボーナスが付くというもので
これはとにかくダンジョンに潜って装備品を発掘しまくるしかないけど
装備品は2周目に引継げないから使用中の全ての装備を溶かしたデータを使えば
かなり伸ばせるし、特に序盤ではこのボーナスの値次第で難易度が変わりそう(´―`)



他にも、ダンジョン内セーブ禁止は痛いっていうか全滅よりも怖いのはフリーズ(ry
よくソフトリセットしてザコ戦ではなるべく消耗しないように戦ってたから
これは地味にきつい(~o~) しかも敵超強いっぽいし…。

MASTERモード限定の追加クエストは、受けるのに貴重なアイテムを
毎回使うからどのみちずっと先になるだろうなぁ(・×・)

ソウルランク関連のイベントはまさかの嬉しい追加要素(*'-')


最も注目すべきはココ!!



各キャラクターと親密になる





(*´д`*)ニヤニヤが止まらにあ

by grenid | 2010-06-02 13:53 | チームラ関連

Students of Round 【2】   



さて、何を書こう(´―`)・・・。



ストーリーに沿って書くとモロネタバレだし
でもそれ以外だと何を書くんだ(?)という話に!







ポポログは俺の代弁者。
b0049961_1246713.jpg




毎日占有してくれても、俺は別に構わない。
b0049961_1249238.jpg




ふぅ…
b0049961_1332231.jpg




ニャあ…だと…!?
b0049961_134139.jpg




よい心がけだ!
b0049961_1351470.jpg




※ エロゲではありません。
b0049961_1329733.jpg








ここから先はプレイ中 or 予定の方、一般人の方等は見ない方がイイヨ!

マァリンは俺の嫁

by grenid | 2010-05-17 14:52 | チームラ関連

Students of Round 【1】   



予告通り今回は 円卓の生徒 のプレイ月記!



本当はプレイ状況にあわせて小分けに書いていくつもりが
ハマりすぎてクリアするまでもう立ち止まれず(*'-')・・・。


というわけでこれを書いてる現在はエンディング後の世界で
ある強敵に向けて新たなダンジョン攻略&キャラ育成中。


ブログ用と後で見てニヤニヤする用に撮ったSSの枚数が現在で2500枚ほど。





……\(^0^)/ むやみに撮りすぎタ






物語の100年前、円卓の騎士達を率いて魔王に戦いを挑んだ主人公は
最後の決戦にて魔王の策略にかかり死亡。光の加護を受けていた主人公は
それから100年後に精霊神フェニックスの力により転生し、魔王を倒し得る力を
育むべく新たな円卓の騎士を育てる先生となって 心に光を宿した者を生徒として
空とぶ城 ロンドエール に迎え入れ共に戦い絆を深めてゆく。
b0049961_231474.jpg

b0049961_22404129.jpg

b0049961_22405916.jpg

b0049961_2383178.jpg

b0049961_2384451.jpg

b0049961_2252918.jpg




主人公は6タイプの中から選択。この後に載せてるSSは一部体験版で
遊んでた時のもので、製品版では一番左の容姿でプレイ中。
b0049961_22411970.jpg

b0049961_1805070.jpg








ロンドエールを管理する マァリン は淡々としていて丁寧な言葉使いでありながら
心に刺さる言葉(良い意味でも悪い意味でも)を放ってくる。

俺がよく知る 誰か にすごく似てる気がする(´―`)
b0049961_17592520.jpg


ちょっとふざけただけでこの一言!なんかリアルにこんな場面が昔あった気がする。
マァリン…いや、これは チォリン だな、うん。 間違いない。
b0049961_18301445.jpg




ジェネレーションエクスと同じくベースはウィザードリィ系統で、それ系のシリーズで
遊んだことある人なら説明はいらず すんなりプレイ出来る戦闘システム。
b0049961_1839335.jpg




戦闘を重ねたりロンドエールに帰還中に食事を共にしたりすると
親密度(ソウルゲージ)が上がって、100%まで溜まると
その生徒と面接のあと、ソウルランクがアップする。
ソウルランクが上がると、主人公のみ使える生徒との協力技
ユニオンスキルの新たな技を覚えたり使用ポイントの上限が上がったりと
戦闘において有利になるだけでなく、取得経験値のボーナス倍率も上昇し
更に生徒ごとの使命や悩みについて話を聞けたりしてより深く遊ぶ為には
ぜひ上げておきたい要素。頻繁にある会話の選択肢でも上下する場合もある。
b0049961_18421959.jpg




各ダンジョンにはトラップポイントと呼ばれるものがあって
そこにその地域のモンスターが好きそうな食材を設置しておくと
敵が引き寄せられ、指定されたターン以内にリーダーを倒すことが
出来たら必ず武具が手に入る宝箱をげっと!(・w・)
手に入れた時点では呪われていて(いわゆる未鑑定状態)
その場で魔法で解くかロンドエールに帰還すると判明。
b0049961_18572361.jpg




ちゃんと戦闘を重ねていけばレベルはしっかり上がっていくから
トラップポイントを利用して装備を発掘しつつ同時に経験値も稼げば
ダンジョン攻略においてはザコに大きな苦戦を強いられることもなく
かと言って通常攻撃だけしてても手痛いダメージを負うことがあって
油断できない絶妙なバランスはすごくいい感じ(・×・) 特にボス戦は
戦略性が高く、ユニオンスキルをフルに活用してボスの攻撃や
特殊な技に備えて先手を打ちつつ、耐えるべき時は守りに徹して
隙をみて攻める感じはしっかりRPGの戦闘してて遊んでて純粋に楽しい(*'-')

不死族や精霊族のモンスターは通常の武器ではダメージが通らない為
装備や出撃する生徒を状況にあわせて考えたりといった場面も。
b0049961_19102045.jpg








ひとまず今回はここまで!(゜-゜)


もっと楽しさを熱く書き残したいところだけどストーリーものだから
ネタバレ必至だし色々悩みどころ。 でも書きたい!















マァリンいいよマァリンかわいいよマァリン



くっ…て、手が勝手に…!

by grenid | 2010-05-03 22:17 | チームラ関連

Online日記+α 【完】   



続きモノも今回で完。

本当はそのまま続けて書きたいタイトルがあったけど
オンラインじゃないからOnline日記じゃなくなるし!


と言いつつ最後は ジェネレーションエクス コードリアライズ というオフラインのタイトル。

つまり+αの部分(?)


ジェネレーションエクスシリーズの3作目で、過去2作はこのブログで
書いたことがあったけど ラストを飾るコードリアライズの事を
すっかり忘れて書いてないことに気づいて今更記事に(~o~)


今作は核心に関わる新キャラクター 七世ヒカル と出会うところから始まり
異形が襲ってきたその場に居合わせたプレイヤー達がエクス隊員となる。
b0049961_15403858.jpg


…という流れのせいで、これまで1作目と2作目で引き継いで使ってきた
愛用のキャラ達は今回は海外に派遣中ということで…なんと使えない(;゜ロ゜)

そんなわけで新たにキャラを作成して1から育成(´―`)・・・。
今作ではキャラの立絵やアイコンを自分で取り込んで使えるようになり
かなり楽しさの幅が広がったので 色々と手を加えてみたけど
ブログ内では大人の事情により一応ぼかしときます(*'-')フフ

b0049961_165249.jpg


編成は 王武拳召魔学 で、拳法士は2作目、召術士は今作で
追加された新ブラッド(職業)ということでこれを機に使ってみることに。



……ヒーラー不在\(^0^)/



後にこの編成で挫けそうに(⊃д⊂)


本当は細かくSS保存してるんだけどあんまり載せてもネタバレすぎるので(ry

ボスクラスは強力な自動回復能力が付いてて持久戦は不利になるだけ。
一気に畳み掛けられるくらいの戦闘力がないと出直すハメに(゜-゜)
b0049961_16161114.jpg



この辺りくらいまではわりと順調に進んできたんだけど…

しばらく後、不忍プリズンというダンジョンに現れる とあるボスと戦って
絶望すぎるほどの力の差に屈服してしばらくエクスから遠ざかってしまい…

たまに起動するもののレベル上げするしかないという作業感でやる気激減。
とは言え好きな作品なのでなんとか完結したいと考えていると
同社チームムラマサから発売される新作 円卓の生徒 の体験版が
公開されて(タイトルの発表はリアライズが発売された時期に行われてた)
遊んでみるとwktkが止まらない!('∇')イイカンジ
いよいよ今エクスやらないとダメだと感じて何がなんでもやり遂げると決意ヽ(`д´)ノ

ちなみに最初の『続けて書きたいこと』はこの円卓の生徒のプレイ状況で
4月23日(店頭は30日らしい)に発売したばかりのホヤホヤネタ(・w・)





…とりあえずひたすらレベル上げ。
ジオマトリクスの入り口の階層を延々とぐるぐる。

ニコ動で他の人のプレイ動画を自分が進んでる付近まで
観てみると俺のPTはかなりレベルが低いことが判明 ∑(゜△゜;)

そういえば2作目の時も後半必死でレベル上げした記憶が(~o~)

魔術士がLv29で覚えるオープンパンドラ(伝統の奇跡魔法)で
かなり楽になるだろうから(過去何度もお世話に)まずはそこを目標に。

ヒーラーの聖術士がいればLv21で覚えるスキルで
どんなに強力な攻撃でも1発なら完全に防げて
ボス戦やそれ以外でも重宝するマナシールドが使えたのに!


レベル上げ開始当初のレベルは19。(´―`)・・・・遠すぎ。





そしてLv29到達後、決死のリベンジ!





……オープンパンドラで防御力強化でる前にあっさり撃沈(*'-')アレ?……。

攻撃が当たるようになってればサイコードのウェポンタスクと拳法士の連撃で無双!



このレベル上げのおかげでその後のラストダンジョンも
かなり楽に進められて一気に最後のフロアへ。

ラスボスを守るヤツらもオープンパンドラで乗り切っていよいよ決戦。そして…


b0049961_171958100.jpg

b0049961_17211148.jpg




激戦を勝ち越えてついに3作を跨いだ物語に終止符。


正確にはこれで終わりではなく、新のエンディングまでは
もうちょっと続くけど内容についてはここまで(・w・)

そしてようやく戻ってきた愛用のキャラ達。 遅い!今頃ついたのか!



クリア後もやりこみ用の課題や、俺はまったく手をつけなかったけど
サブブラッドの存在もあるし 本気で遊び倒すならこれまでの
数倍の時間楽しめそう(´―`) デモ円卓の生徒ガガガ…。



結局SSは5枚しか載せてないけど実はここまでに撮った合計は350枚ほど。


恒例のスタッフロールの中に Grenid の名前も確認(*'-')v







最後に次に書くであろう 円卓の生徒 についてちょっとだけ。

当然オールインパック(ソフト・サントラ・ビジュアルブックのセット)を予約!


予想以上の予約数で発送が遅れるかも~というお知らせがあったけど
毎日公式のオンラインショップをチェックして開始直後に即予約したのが
良かったのか(?)24日に届きました('∇') アマ〇ンもビックリ!





この件は次回にて!(・×・)

by grenid | 2010-04-28 18:02 | チームラ関連